メイン

TOP > MTのプラグイン活用

MTのプラグイン活用

カテゴリのソートの簡易法

カテゴリの並び順は、文字コード順にソートがかけられている。
英語では、ABC順に表示されるが、日本語の場合、あいうえお順ソートは難しい。
まあ、英語で開発されたものは、すべてにおいて日本語化するのが邪魔くさい(^^ゞ

今までは、運用回避策として以下のように設定。

カテゴリ名の頭に数字を振ることでソートが実現できる。
ただ、ちょっと数字が表示されるのは格好が悪いので、カテゴリ設定ページで

「カテゴリ名」 → 表示したい順番の数字をふる(例:3ねこグッズ)
「カテゴリの説明」 → 表示したいカテゴリ名(例:ねこグッズ)

と登録し、デフォルト設定のカテゴリ名MTタグ $MTCategoryLabel$ をカテゴリの説明MTタグ $MTCategoryDescription$ に差し替えることで、ソート完了。

ということでしたが、その後のカスタマイズでいろいろと問題がおこってきたので($MTCategoryDescription$タグの使える範囲に制約があるため)、カテゴリソートのプラグインを導入することにする。

また、カテゴリアーカイブのファイル生成の規則も、どのカテゴリのディレクトリなのかわかりにくい設定になっている。

それもあわせて、カスタマイズ。次のエントリーで(^^)v

最新のエントリーとそれ以降のフォーマットを変える方法

各アーカイブなどは、記事(エントリー)が増えてくると、長いページになってくる。
そのための表示対策や、最新情報だけをピックアップして、それ以後の過去の内容はタイトルだけとして、個別ページへと閲覧するナビゲーションを行う方法。

イソザキ時計店BLOGカテゴリアーカイブもこの方法をとっていますね。
新着情報、入荷情報、時計DB、時計の小話ありと時計ファンにとっては、たまらない情報発信。まさにブログにもってこいの活用法ですね。

続きを読む "最新のエントリーとそれ以降のフォーマットを変える方法" »

カテゴリごとにデザインを変える方法

カテゴリを操作できるMTタグが使えるプラグインを導入します。

Bradley Shannon ChoateさんのSupplemental Category Tags です。

このプラグインの設定方法は、とても簡単。

  1. mtcatx-1_5.zip をダウンロード
  2. MT-Regex というプラグインも同時にダウンロード mtregex-1_61.zip
  3. 2つを解凍し、拡張子がplのものは、pluginsディレクトリへアップロード。
  4. 拡張子がpmのものは「bradchoate」という名前のフォルダを作成しそこに移動。bradchoateのフォルダ毎、extlibディレクトリへアップロードします。

上記のプラグインを導入することでいくつかのIF関連のMTタグを使うことができます。

続きを読む "カテゴリごとにデザインを変える方法" »

Powered by FeedBurner

RSS2.0

タスクマザー(taskmother)
  中野 治美

〒921-8806
  石川県野々市市北西部土地区画整理事業
     施工地区55街区3番202