« ネットショップコンテスト北陸2013の結果発表! | メイン | スマートフォン対応になったASPメールフォームサービス「フォームメーラー」の設定は簡単、設定してすぐに対応完了です »

TOP> MTのプラグイン活用

MT5.2で採用されたリッチテキストエディタTinyMCEで、テーブル(表組み)ボタンを拡張プラグインで追加する

plugin-fckeditor01.jpg

MovableType5.2では、リッチテキストエディタにTinyMCEが採用され、ようやく文字などの装飾関連が充実した。

とはいえ、文字色・背景色などの指定ができるようになったが、テーブル関連を指定するアイコンが存在しない。

ユーザにとって、以前から表組みをしたいという要望、例えば、

・画像を2列、3列で表示したい
・比較表を作成して分かりやすい説明を行いたい

など、使用シーンは多い。

これを実現させるには、拡張プラグインを追加する。
追加ではなくてデフォルトで採用して欲しかった機能である。
(なぜ、標準で搭載しなかったのか甚だ疑問だ)

plugin-fckeditor02.jpg


プラグインは、Movabaletype.jpのリンク先「Movable Type 5.2 のリッチテキストエディタを拡張する」でダウンロードが可能だ。

説明書きはそこそこに、この頁の最下部の説明にある3つのリンクのいずれかからダウンロードする。

plugin-fckeditor07.jpg

今回は、3番目の「TableFeatureForTinyMCE-1.02.zip」をダウンロードし解凍。

[mt-static]と[plugins]フォルダがあるので、MTのプログラムがある同フォルダにアップロードを行う。

これにより、テーブル関連のアイコンが表示される。

追加されたプラグインは、

システム>プラグイン の「システムのプラグイン設定」に追加されている。

plugin-fckeditor03.jpg

一時的に無効にしたい場合などは、ここで[無効]に変更する。

この拡張プラグインの追加で、テーブル関連のほとんどのことが詳細に設定できる。

一般タブで列行数などの基本設定、高度タグで枠色などの設定が可能である。

plugin-fckeditor04.jpg
plugin-fckeditor05.jpg

また記事の中でもコーナーの四角部分や罫線をドラッグするだけで、大きさなどの調整もできる。

plugin-fckeditor06.jpg

表組みを作成すると、テーブル関連のアイコンが有効になり、行の挿入や結合も行える。

HTMLタグの構成もシンプルで段組もされているので、大枠をリッチエディタで編集し、その後HTML表示で調整することも簡単にできる。

表組みを丸ごと削除することは簡単には出来ないので、行を削除アイコンで1行ずつ削除していくのがよいであろう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taskmother.jp/cgi-bin/taskmt/mt-tb.cgi/357

タスクマザーブログ
hrm_tskをフォローしましょう
Powered by FeedBurner

RSS2.0

最近のコメント

タスクマザー(taskmother)
  中野 治美

〒921-8806
  石川県野々市市北西部土地区画整理事業
     施工地区55街区3番202