« 「Web担当者Forumミーティング2016春」に参加、SSL/TLSの知識を深める | メイン | 「金沢三十三観音霊場巡り」5年越しの完結編、第32番岩倉寺の移転先富山県の安居寺へ »

TOP> Webビジネスコラム

日本語にも対応した「Googleアナリティクスアカデミー」のすすめ

Googleアナリティクスアカデミー
Googleアナリティクスは、データ解析データを利用するにあたり、多彩なコンテンツを提供している。

その中で、「学ぶ(ラーニング)」メニューであるサービス「アナリティクスのトレーニングとサポート」がある。

ここで是非オススメしたいのが、トレーニングの一つである「アナリティクス アカデミー」。

このコース、日本語でようやく受講できるようになったのだ!

今までこのコンテンツは、英語版で受講が出来たが、日本語版が提供されていなかった。
なので、学ぶ上でこのコンテンツの恩恵を受けるには敷居が高かった。
現在すでに、英語版は5つのコースが提供されている。

このコース、現在はすべていつでも受講できる。

以前はコースが開講される毎に、
・コースを取得(申請する)
・指定された期間内にコースを受講し修了テストをクリア
・合格者には認定書が付与される
というプログラムがあった。

これが認定書↓、PDFでダウンロード出来る仕組みであった。

Ecommerce Analytics修了証

参考:Google Analytics Academyでアナリティクスを理解しよう!に詳細記事

英語に四苦八苦しながらも、順調に4つのコースをクリア、認定書も取得。

しかし、最後のGoogleタグマネージャーで挫折した。

理由は、取得期間中忙しかったこともあるが、最大の理由は英語の壁!
タグマネージャーは、すでに設定しているので解っていたつもりであるが、
根本的にトレーニングコースが難しかったことやアナリティクスに比べ、タグマネージャーの日本語と英語の用語の互換性?の情報がなかったことで途中でやめてしまったのである。
それが去年2015年の夏。
それから1年弱でようやく、日本版がお目見えした。

英語版との違いは、コースがまだ2コースであること。
1~5コースのうち、1と5が日本語版になっている。
間の2-4が飛んで、タグマネージャーを先に日本語化してくれたのは私にとっては有り難かった。

じっくり受講して、タグマネージャーの受講を終了。
認定書をもらえなかったのは残念だが、すべてのコースをクリアしたことになり満足だ。

さてお薦めするのは、タグマネージャーのコースではなく、
「デジタル アナリティクスの基礎」コース

これは、アナリティクスの基礎なのですでに利用しているユーザにとっては復習コースとなる。
とはいえ、じっくり取り組むことでアナリティクスの再学習、自己スキルの棚卸しが出来る。

アナリティクス初心者から上級者まで新たな気付きが生まれるので、是非はじめて見て欲しい。
自由な時間に自分のペースで進められる最適なラーニングシステムだ。

今後は、あと3つのコースも早期に日本語対応してくれることを望む!
・Google Analytics Platform Principles
・Ecommerce Analytics: From Data to Decisions
・Mobile App Analytics Fundamentals

「Googleアナリティクスアカデミー」にアクセスした場合、英語版になっている場合がある。

 英語版Googleアナリティクスアカデミー

その場合は、最下部にスクロールし、フッター右側に言語切り替えが出来る(青枠部分)。

ここで日本語を選択すると、日本語モードで受講が可能だ。

言語切り替えメニュー
受講の際は、Googleアカウントでのログインが必要である。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taskmother.jp/cgi-bin/taskmt/mt-tb.cgi/411

タスクマザーブログ
hrm_tskをフォローしましょう
Powered by FeedBurner

RSS2.0

最近のコメント

タスクマザー(taskmother)
  中野 治美

〒921-8806
  石川県野々市市北西部土地区画整理事業
     施工地区55街区3番202