« 年末・年始(2014/2015)の営業についてのお知らせ | メイン | 読書スタイルが変化した年かも、2014年勝手にブックランキング・ベスト10 »

TOP> Webビジネスコラム

スマートフォンでGoogle検索結果の「スマホ対応」表示、Webサイトのスマートフォン対応は必須条件となってきた!

モバイルフレンドリーテスト

2014年は、Google関連のブログで「スマートフォン」という用語が多く飛び交った年であった。

スマートフォン最適化、スマートフォン用のコンテンツ、スマートフォン用ウェブサイト、スマートフォン向けサイト、スマートフォンユーザー・・・

などなど
そして、正式にスマートフォンからのGoogle検索にスマートフォン対応しているWebサイトに「スマホ対応」を表示すると発表。

この「スマホ対応」が表示される条件が、以下の4つ

引用:検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

それまでも、スマートフォンのアイコンが表示されていたり、Flashを利用しているサイトは、「Flashを使用、お使いの端末で動作しない場合があります」の表記などの試験を繰り返し行なっていた。

さて、試しにスマートフォン&Googleで石川県・北陸での旬なキーワード[北陸新幹線 観光]で検索してみた。

スマートフォンなので、位置情報やパーソナライズ検索の影響があるので あまり影響がでないために、一応いつも使わないAndroid標準のブラウザでGoogleログアウトして検索を行った結果。

キーワード[北陸新幹線 観光]でスマホで検索

1ページ目10件中、「スマホ対応」表示は3件。

3件以外でも、スマートフォン対応になっているサイトは2件あった。

次は、[観光協会]で検索。

位置情報があるので、「金沢市観光協会」が1位となり、マップ表示。

右が2位以下の表示。

観光協会でスマホで検索

1ページ目10件中、「スマホ対応」表示は4件。

ただし、1位で表示されている「金沢市観光協会」は、アクセスするとスマートフォン向けサイトになっている。

この答えは、Googleが「ページがモバイル フレンドリーの条件を満たしているかどうか」を確認することができる モバイル フレンドリー テスト で判断することがある程度可能だ。

URLを入れるだけで簡単に結果がでる。

OKであれば、緑文字で「問題ありません。 このページはモバイル フレンドリーです。」

NGなら、赤帯のメッセージが表示される。

「金沢市観光協会」もユーザがアクセスする場合には、なんの問題もなく表示されるので致命的ではないにしろ、対応したほうが良さそうだ。

とまだまだ、はじまったばかりのサービスではあるが、サイト(スマートフォンでの閲覧シーンが多い業種は特に)にとって、2015年はスマートフォン対応は必須条件になってくる。

すでにスマートフォン対応したサイトも、Googleの「モバイル フレンドリー テスト」でチェックを行い、問題があれば対応していくことが重要である。

さらに細かくチェックしたい場合は、ウェブマスターツールで、

メニュー>検索トラフィック>モバイル ユーザビリティ

で問題点が表示される。

1年後には、「スマホ対応」の比率が大きく変わってくることであろう。

そうそう、この我がサイトも2015年の最大テーマはスマートフォン化である!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taskmother.jp/cgi-bin/taskmt/mt-tb.cgi/395

タスクマザーブログ
hrm_tskをフォローしましょう
Powered by FeedBurner

RSS2.0

最近のコメント

タスクマザー(taskmother)
  中野 治美

〒921-8806
  石川県野々市市北西部土地区画整理事業
     施工地区55街区3番202