« 2016松任ロードレース10km、例年通りの変化のない?安定したタイムで完走 | メイン | 今年の目標は資格試験に挑戦、2016年勝手にブックランキング・ベスト10 »

TOP> Webビジネスコラム

常時SSL対応は進んでいるか?エックスサーバーの無料独自SSLでWPの常時SSLサイトを設定してみた

常時SSL化は本格化。Yahooも3月に対応

Googleが「HTTPS をランキング シグナルに使用します」と発表、常時SSLを推奨したのが2014年8月。

ついこの間のことに思うが、もう2年以上が経過している。

それを受けて常時SSL対応した大手サイトやリニューアル時の導入事例も紹介されているが、まだまだ当方の周りでは対応している事例は少ないのが実情だ。

ただ環境は整ってきており、レンタルサーバ会社もこれを受けて、格安なSSLプランや常時SSLへの簡単な切り替えなどを掲げて対応している。

そして、エックスサーバーが「無料独自SSL」というサービスを開始していた(2016/6/30)。

引用:

当サーバーで運営中のドメインに対して無料・無制限(※)で独自SSLを利用することが可能です。
面倒な手続きもなく、Web上で誰でも簡単に利用していただけます。

と既存ユーザにとっては、嬉しいサービスである。

早速、新規WPサイトを「無料独自SSL」で設定してみた。

1.今回は新規サブドメインを発行したドメインにSSL設定を行う

サブドメイン追加後、サーバに反映されたことを確認してから、管理ページ>サーバパネルのドメインメニュー>SSL設定にアクセス。

独自SSL設定の追加で、ブルダウンから設定する該当ドメインを選択して、[独自SSL設定を追加する(確定)]ボタンをクリックして完了。

独自SSLが無料のエックスサーバーのSSL設定

注意書きにあるように、約1時間でhttpsでのアクセスが可能になった。

これで基本的には、設定されたサブドメインでの常時SSL環境が整ったことになる。

2.WPを自動インストール

サーバパネルのホームページ>自動インストールにアクセス。
WordPress日本語版を選択し、[インストール設定]をクリック。

基本的には、データベースも自動で設定してくれる簡単インストールだが、PHPのバージョンは先に確認、選択することをお薦めする。

free-ssl02.jpg


設定する[インストールURL]は、プルダウンで選択できるが、現段階ではドメイン名の前は、 http:// の表示しかなく、https://には出来ない。

そのため、独自SSL設定してあるドメインでも、WPの自動インストール時はhttpでインストールされる。

3.WPの設定をhttpsに変更

インストールが完了したら、WPの設定>一般設定の
・WordPressアドレス(URL)
・サイトアドレス(URL)
を、http → httpsに変更して保存。

WPの独自ドメインSSLの設定


これで、常時SSLに対応したWPサイトの完了である。
httpsへの反映に1時間かかるものの、簡単に常時独自SSL対応サイトが誕生する。


当方のブログも今年8月にようやく常時SSLへの対応を行った。
このとき、ちょうどサーバの更新月だったので、サーバ選定も行っておりエックスサーバーも候補にあったにも関わらず、既に「無料独自SSL」が始まっていたことに気が付かなかったという失態。
うーん、今年最大の後悔である(笑)

厳密に言えば、SSL証明書、SSLブランドは様々なものがあり、セキュリティレベルも様々である。
Webサイトの業種、目的、コンテンツ内容などによっては、正しくセキュリティレベルを考慮すべきである。

ただし、Google対策ということであれば、低コスト、簡単設定ということは魅力的である。

今後さらに、運営者にやさしいSSLサービスプランをレンタルサーバ会社が提供していただけることを期待したい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taskmother.jp/cgi-bin/taskmt/mt-tb.cgi/415

タスクマザーブログ
hrm_tskをフォローしましょう
Powered by FeedBurner

RSS2.0

最近のコメント

タスクマザー(taskmother)
  中野 治美

〒921-8806
  石川県野々市市北西部土地区画整理事業
     施工地区55街区3番202