« MT4からMT5へアップグレード[その2]:MT5のインストール | メイン | MT4からMT5へアップグレード[その4]:MT5の管理ページの新機能、変更点 »

TOP> MTのプラグイン活用

MT4からMT5へアップグレード[その3]:MT5のアップグレード後の設定

アップグレード後のMT4からMT5へきちんと移行できているか確認する。

1.MT5の新構成 ウェブサイト>ブログの関係

MT4からMT5へアップグレード[その2]:MT5のインストール」でも書いたが、
MT4で運用されていたブログ「MovableTypeでCMS構築しよう」は、cms.taskmother.jpとして1つのサイトとして扱われていたが、アップグレードでは、ウェブサイト配下のブログとして存在している。

mt5の移行後のブログ

作られたウェブサイトは、cms.taskmother.jpのサブドメインなので、ウェブサイトはtaskmother.jpとして表示されていた。

しかし、ウェブサイトの設定 [設定>全般] を見ると、名前や説明にはなにも入力されていない。
また、公開パス>ウェブサイトパスは、アップグレードしたcms.taskmother.jpのパスが引き継いでいるようだ。

ウェブサイトの設定

いずれにしても、このウェブサイトを再構築してページ生成しなければ、ページは更新されないので、このままウェブサイトは、手をつけない状態にしておく。

また、taskmother.jpのサイトは別に存在するので、念のため公開パス>ウェブサイトURLを、cms.taskmother.jpに変更する。

→変更をかけたが、ウェブサイト設定>名前が空白のため、保存できず。
(ということで、このままにしておこうっと。)

MT4からのアップグレードでは、MT5の新しい機能、「ウェブサイト」は必要ない。

2.テンプレートの引継ぎ

アップグレードの不具合として、システムテンプレートの引継ぎがうまくいかないという記事がいくつかあった。

参考サイト:StarBrotherさんのMT4→MT5アップグレードはシステムテンプレートが引き継げず

通常、テンプレート編集は、
・テンプレートの設定>ファイルへのリンクにて外部ファイル保存
・FTPにてダウンロード
・外部エディタで編集→保存
・FTPでアップロード

として作業しているため、必要なテンプレートはバックアップとしても保存されている。
そのため、不具合が発生してもリカバリできるようにはなっていた。

今回は、結果的にはシステムテンプレートの引継ぎでの不具合は、おこらなかった。

しかし、外部ファイルとしてリンクしてあるファイルのいくつかは、リンク設定が空白になっていた。

MT5テンプレート一覧

リンクが切れていたファイルは、

・システムテンプレート全部、
・メインページ、ウェブページ
・モジュールテンプレートの一部、

ただ、システムテンプレートの表示リストの最上部行が空白になっている。

mt5システムテンプレート一覧

コメント投稿のテストを行ったが、問題なかったので、しばらくこのままで運用を続ける。

システムテンプレートのバックアップテンプレートもあるので、システムテンプレートを初期化しても問題はないであろう。

また環境ファイルmt-config.cgiに、日本語設定「DefaultLanguage ja」を行わないとグローバルテンプレートにも文字化けがおこるという情報もあったので、確認。
日本語設定を行っているもののグローバルテンプレートの表示がおかしい。
空白行と一部文字化け・・・

しかし、本来グローバルテンプレートは使用していないため、これに関しても今後使用するときに初期化することにする。

mt5グローバルテンプレート一覧

また、ウィジェットテンプレートの確認も行う。
右サイドバーのMT4のロゴを、MT5のロゴに変更を行う際に、ウィジェットテンプレートの変更を行ったが、問題は発生していない。

3.再構築時間について

再構築時間については、参考までにちょっと。

 MT4:SQLite → MT4:MySQL
 MT4:MySQL → MT5:MySQL

で、計測するもほとんど変わらない。

といっても、ブログ記事数が少ないので、あまりあてにならないが(笑)、遅くなったというマイナスイメージは感じない。

MT2.6からの各世代のアップグレードでは、記事数増加に伴う再構築時間問題として、そのバージョン毎に取り上げられてきたが、データベースがMySQLのみになったことで、今回はしばらくは様子見といったところ。

とはいえ、大規模サイトは、Movable Type Enterpriseにシフトしていき、従来の大規模CMSソフトととの選択肢の一つとなってくるのであるので、構築時間に不満がある場合は、こちらに切替ということか・・・。

中小規模のCMS構築を行う上で、同じ条件下のCMS、とくにオープンソースCMSとのシステム環境が、同等になってきているので、このCMSツールに対して独走するのか(日本の場合)、同じライン上に並ぶのか今後の行方が楽しみである。

さて、アップグレードを行った環境でのMT4からMT5になった新機能、変更点などを「MT4からMT5へアップグレード[その4]:MT5の管理ページの新機能、変更点」でピックアップする。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taskmother.jp/cgi-bin/taskmt/mt-tb.cgi/230