« MT4からMT5へアップグレード[その3]:MT5のアップグレード後の設定 | メイン | MT4からMT5へアップグレード[追記]:グローバルテンプレートの初期化 »

TOP> MTのプラグイン活用

MT4からMT5へアップグレード[その4]:MT5の管理ページの新機能、変更点

新機能のまえに変更点について。

 ・ウェブサイト>ブログという構成

 ・管理画面の刷新、ヘッダーメニューからサイドメニューへ。
 「新規作成」「一覧」という親カテゴリ分けでなく、「ブログ記事」「ウェブページ」というカテゴリ分けに変更。
 やっと、メニューらしくなったかなといった感じですね。

これが大きな変更点ですが、ちょっと慣れるまで使いにくいかと思われる変更点をひとつ。
記事の投稿のプレビュー表示が、MT4ユーザにとってはちょっと使いにくい。

MT4のときは、「保存」「確認」ボタンがあって、「確認」をクリックすると、プレビュー画面が表示され、「編集画面へ戻る」「保存する」のいずれかを選択できた。
これは、MT4の機能として、生成されるページのデザインビューが表示されるという、MT3の機能にはなっかった画期的な機能でもあった。

そして、今回のMT5は、保存ボタンが、右ブロックの「公開」にある。

MT5ブログ記事の投稿

このナビゲーション位置はOKだが、「プレビュー」ボタンをおすと、表示されるデザインプレビューになるものの、「作成画面に戻る」のみのボタンしかない。

mt5プレビュー表示

つまりここでは保存できない。
一旦、このボタンで編集画面に戻り、「公開」もしくは「更新」ボタンを押すことになる。

この公開ブロック、WordPress管理ページと似てるんだけど、WordPressは「プレビュー」をクリックするとタブ(別)ウィンドウが表示される。タブウィンドウに慣れてしまうと、WordPressのプレビューの動きの方が使いやすい。

まあ、MT5から使用するユーザであれば、それほど違和感は感じないかもしれない。
MT4で「確認」でプレビュー表示されることを知らないユーザも意外に多かったりするので(^^;

その他の点は、それほど大きなメニューの変更もないので、追加された機能をうまく使いこなすことで、さらに充実したページを構築できるのではないだろうか。

さて、MT5の新機能について。

1.更新履歴-設定した履歴一覧が表示されるようになり、バックアップや複数人での共有がしやすくなった。

メニュー>設定>全般 のいちばん下に「更新履歴」の項目が追加されている。

mt5変更履歴の設定

記事/ページの更新履歴だけでなく、テンプレートの更新履歴も残るようになったのは、なにより有難い。

更新履歴を有効にすると、ブログ記事の場合、タイトルフォーム横の更新状態という枠にリビジョンと表示される。

mt5更新状態


このリビジョン表示をクリックすると、この記事の更新履歴一覧が表示される。


mt5更新履歴一覧

2.ブログテーマのエクスポート

メニュー>ツール>テーマのエクスポート

今まで、記事に関してのエクスポートしか出来なかったが、今回はテーマ(テンプレート丸ごと)のバックアップが可能になった。上記の変更履歴に加え、テンプレート回りが充実してきた。

mt5up20-export.gif

3.ブログテーマの一覧

メニュー>デザイン>テーマ

各ブログのスタイルによって、テーマを配布するメニューが追加されている。
ここに連動できる新しいテーマが出来ることを期待したい。
ただ、MTは商用有料のものもあるので、どう連動できるのかという疑問もあり。

mt5ブログテーマの一覧

4.登録/認証設定の認証方式サービスの追加

メニュー>設定>登録/認証

認証方式に、ミクシィやfacebookのSNSが追加されましたね。

mt5登録・認証の設定

その他、カスタムフィールドもさらに充実したようだ。
カテゴリに連動したカスタムフィールド項目の表示設定が可能になり、カスタマイズが簡単に自由度も大きくなるようだ。

「豊富なプラグイン」については、今後、有償、無償のバランスをうまく保って有効に活用でき。さらに増えることを期待したい。

けれど、今回のバージョンアップでも私が望んだ機能(MovableTypeでどうしても標準仕様で導入して欲しい機能!)は標準では採用されていない。
なによりこれがいちばん残念、無念かも(笑)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.taskmother.jp/cgi-bin/taskmt/mt-tb.cgi/231