メイン

TOP > Webビジネスコラム

Webビジネスコラム

31
August
2008

「なかのひと」の携帯アクセス解析版「うごくひと」でモバイル分析が簡単にできる

うごくひと
どこの組織の「なかのひと」かわかるブログパーツにもなる解析ツールで紹介した「なかのひと」の携帯サイト版のアクセス解析ツール「うごくひと」がリリースされた。

これまで携帯サイトのアクセス解析は、通常PCサイトで解析するためにページに埋め込むコードをJavascriptを利用しているが、携帯サイトではJavascriptは利用できない。
そのため、携帯サイトのアクセス解析の分析は、別の形式のアクセス分析のサービスを利用、この場合、有料のサービスを利用することが多い。

この「うごくひと」は、PCサイトと同様に携帯サイトに指定されたタグを埋め込むだけでよい。
ただし、このサービス、1日あたり2万ページビュー以上のアクセスがある携帯サイトはNGである。

続きを読む "「なかのひと」の携帯アクセス解析版「うごくひと」でモバイル分析が簡単にできる" »

23
August
2008

googleウェブマスターツールの運用ツール「拡張された404ページ」を設定してみた

404page03.JPG
グーグルウェブマスターツールの「運用ツール」メニューの「拡張された404ページ」の機能を設定してみた。
404ページとは、

”ユーザーがサイト上で存在しないページにアクセスしようとした (切れたリンクをクリックした、ページが削除されている、URL のつづりを間違えて入力したなどの) ときに表示されるページのことです。・・・標準の 404 ページは ISP によって異なることがありますが、通常ではユーザーに有用な情報が提供されることはないため、ほとんどのユーザーはそのままサイトを離脱する可能性があります。”

便利なカスタム404ページの作成ガイドラインを参照するgoogleより引用。

そこで404ページをオリジナル作成し、そのページにgoogleが提供している404ウェジットを設定してみた。
上画像で、”キーワードの候補:”からがgoogle404ウェジットで出力したもの。
javascriptコードを埋め込む。
404ウィジットがこのように表示するのは、

続きを読む "googleウェブマスターツールの運用ツール「拡張された404ページ」を設定してみた" »

13
July
2008

Movable Type コミュニティ・ソリューションをMT4.2RC3でお試し

mt42ct0101.JPG
MT4.2で登場する「Movable Type コミュニティ・ソリューション」をMT4.2ベータ版RC3で少しだけレビュー。
MT4.1では、新規ブログ作成で選択できる「汎用ウェブサイト」「既定のブログ」に加えて

・コミュニティブログ
・コミュニティ掲示板

が追加された。
この2つが”Movable Type コミュニティ・ソリューション”となる。
早速、コミュニティ掲示板を選択し作成してみた。

続きを読む "Movable Type コミュニティ・ソリューションをMT4.2RC3でお試し" »

05
July
2008

MT4.2正式版が延期につきMT4.2RC3ベータ版をダウンロード

mt42rc3.JPG
MT4.2発売の発表がありが6月下旬にリリースされるということで、心待ちにしていたが、Movable Type コミュニティ・ソリューション(MTCS)の機能を追加するということで7月中の延期になった。 ということで待ちきれなくて、ベータ版をインストールして期待している機能を試してみた。

MT4.2のベータ版、MTCSの機能も同梱されているRC3日本語ビルド・コミュニティ・ソリューションをインストールした。
以前行ったMT4.0のベータ版は、日本語化などいくつかの処理をconfig.cgiに設定しなければならなかったが、今回はダウンロード、インストールが簡単に行えるようになっている。

さて、最も期待する「パフォーマンス向上
MT4.1では、パフォーマンスに不満を抱えているユーザが増えており、この不満をどこまで解消できるのかが気になるところ。

続きを読む "MT4.2正式版が延期につきMT4.2RC3ベータ版をダウンロード" »

20
June
2008

Firefox3.0のダウンロードが大人気、熱気が伝わってきます

firefox01.JPG
Firefox3.0のダウンロードの開始がはじまった。
公開初日からダウンロードアクセスが予想以上で、アクセスしにくい状態だったらしいが、今日は問題なくダウンロード、Firefox2.0からの移行が完了。
ダウンロードページには、「Firefox3の灯(ともしび)」というサイトが設けられており、日本各地でのダウンロード状況が日本地図上で見ることができる。
このページ、モードが3つあり、最初の写真は熱気モードバージョン。
わが県、石川県をズームした画像である。
石川県の熱気はちょっと低いが、私はこの1651人の中の一人なのである!
ダウンロードが各地で行われると、きらきらと日本列島が輝く様は、ただ眺めているだけでも飽きない。 とくに灯モードは、澄んだ夜空を眺めている感じだ。

続きを読む "Firefox3.0のダウンロードが大人気、熱気が伝わってきます" »

21
May
2008

日本語版Yahoo!サイトエクスプローラーβがようやく登場

yahoo! Site Explorer
米yahoo!でのサービス「yahoo! Site Explorer」はすでに登録していたが、日本語版のベータ版が利用できるようになった。
登録方法は、米yahoo!とほぼ同じ。(こちらを参照
yahoo!IDでログインし、サイトエクスプローラーにアクセスし、サイトURLを入力。
承認のため、2つの方法(ルートに承認用ファイルをアップするか、ページに承認タグを埋め込む)を行うと約24時間で承認される。

続きを読む "日本語版Yahoo!サイトエクスプローラーβがようやく登場" »

06
May
2008

どこの組織の「なかのひと」かわかるブログパーツにもなる解析ツール

なかのひと
タスクマザートップページの左メニューの最下部についている緑の日本地図、これがアクセス解析 with 位置情報 「なかのひと」という解析ツール。

通常のアクセス解析ツールとの違いは、「どんな組織からアクセスがあったか」に特化したサービスという点。一般の大手プロバイダーからのアクセスは集計せず、企業や政府機関、学校など法人に特化して調査するというおもしろいサービス。

google anlyticsの機能でいうと、「ユーザ」-「利用ネットワーク」の解析データのを視覚的に捉えたもの。

登録(無料)し、解析タグをページにはることで解析がはじまる。
ログインすると、アクセス状況が地図とタグクラウド表示で視覚的にわかる仕組みだ。
ブログパーツでも、赤の点でアクセスしている地域がわかる。
地図はYahoo!地図が利用されていて、マッピングされた地点をクリックすると、右上にyahoo!地図がその場所をフォーカスしてくれる。

その他、試験的に年齢・性別解析機能もリリースされている。
私の場合、まだ1ヶ月という期間とアクセス数が少ないため、まだこの機能は反映されていない(^^;

続きを読む "どこの組織の「なかのひと」かわかるブログパーツにもなる解析ツール" »

24
March
2008

Windows版Safari(サファリ)が正式版としてリリース

safari.jpg
サファリのWindows対応が、β版から正式版になった。

早速使ってみたが、噂どおりなるほどと実感するパフォーマンス。
マックで閲覧しているようで、なんとなく気分転換にはよさそう。

先日から、MovableTypeのデザイン設定で、Mac版Safariとフォント表示の調整を行っていたが、Windows版Safariがでたことで、Mac環境に少し近づくことができるだろうか。
それともWindows版SafariのCSSハックも必要になってきて、余計大変になったりして(^^ゞ

動的ページなどの表示も非常に早いので、調べもののときには利用価値大である。

ところで、私はSafariのWindows版導入には肯定的であるが、インストールの仕方が問題になっている。

参考記事:Win版iTunesアップデートにSafari,MozillaのCEOがAppleを批判

確かに、私もiTunesのアップデートでいつのまにかSafariがインストールされていたのである。
正確には、インストール途中で、「あれ、iTunesじゃなくてSafariをインストール中?」と思ったのである。

続きを読む "Windows版Safari(サファリ)が正式版としてリリース" »

21
February
2008

Google Analyticsの新しいトラッキングコードga.jsに変更しましょう

googleトラッキングコード
Google Analytics(グーグル アナリティクス)のトラッキングコードが変更になっている。 urchin.jsのトラッキングコードが、新しいトラッキングコード ga.jsにバージョンアップ。

この新しいトラッキングコードは、今後提供を予定している、Analytics の様々な新機能に対応してくる。
移行は簡単で、旧のトラッキングコードを新しいトラッキングコードに変更するだけ。

CMSツールを利用しているユーザであれば、テンプレートを数種類、もしくは1つを書き換え再構築を行うだけなので今のうちに変更しておいたほうがよい。

しかし、数百ページの資産を持っているユーザは、1ページずつ変更しアップロードは大変な作業。
この機会にWeb制作ソフトを利用しているのであれば、アクセス解析コードをソフトのテンプレート機能またはモジュール機能を利用した方法に変更したほうがよさそうである。

まだまだ新旧コードで大きな違いはないので、早めの切り替えを!

また新機能の情報は、Analytics日本版公式ブログを購読してアンテナを張っておこう。

13
February
2008

ウィルスバスターパターンファイルアップデート後の不具合で基幹システムが半日ダウン

会社サポートを行っている基幹システムがダウンしていると朝からヘルプの電話。
このシステム、富士通システムズのパッケージソフト生産情報システム PRONESをベースに利用している。
そのシステムが朝から使えず、サーバを再起動してもだめで業務ができない状態とのこと。

システム会社に連絡すると、他のクライアントからも同じ不具合がでている情報があり原因が判明。
ウィルスバスターのウイルスパターンファイル4.995.00へのアップデート後に発生した不具合であることがわかった。

「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」(サーバで集中管理し、クライアントを監視するタイプ)を停止し、サーバを再起動しシステムを立ち上げることで業務が再開。
朝からシステム会社の担当の方に対処していただくものの、復旧は2時過ぎ・・・
導入してから約3年、稼動がこれほどまでにストップしたのははじめて。

危機管理としていろいろ対策をとってはいたものの、危機管理の中の一つ、ウィルスバスターにしてやられるとは、なんとも納得いかない。

続きを読む "ウィルスバスターパターンファイルアップデート後の不具合で基幹システムが半日ダウン" »